交通事故の過失割合に納得できないときは弁護士に相談する

2018年3月14日

過失割合は複雑

交通事故を起こしてしまった場合や巻き込まれてしまったケースでは、車同士の場合はほとんどの場合でどちらか一方が過失100%になることはありません。

例外としては追突事故や止まっている車にぶつかってしまった場合など、明らかにはっきりと過失がわかる場合は別ですが、動いている車同士ならばどちらにも一定の過失があったと考えられます。

交通事故の状況にもよりますが、どちらのほうがより過失があったのかということなどを前例などを参考にして総合的に分析して過失割合が決定します。この過失割合は主に保険会社同士で話し合いが行われ、事故を起こした当事者には決まったことを知らされるという形がほとんどです

その結果に納得がいかない場合はさらに交渉するといった手段をとることができますが、多くの場合では保険会社が決めた過失割合になってしまうケースが多くなります。

また相手にごねられてしまった場合などは、納得はいかないけれどトラブルが長引くのを回避するために仕方なく示談をしてしまうというケースも珍しくありません。

また交通事故によって怪我をしてしまった場合の治療にかかるお金の補償についても過失割合は大きくかかわってきます。保険会社の都合としては、できるだけ出費を減らしたいというのが本音です。

ですからできるだけ自分のところからお金を出すのではないという心理が働いてしまうということも考えられます。

より有利な交渉を行うために

保険会社はもしもの時に補償はしてくれますが、できるだけ早急に示談にしたいという思いからなかなか根気よく交渉をしてもくれません

特に前例主義の傾向があるので、こういった事故の場合は通常この割合といった結果になりがちです。

また過失割合に納得がいかなかったとしても、素人ではなかなかうまく攻守をすることができないのが現実といえます。
そこでより納得できて有利な展開にするために有効なのが弁護士に相談をするということです。

交通事故を専門に取り扱っている弁護士ならば、事故の状況を詳しく分析してくれますし保険会社などの相手方との交渉もすべて任せることができます。

専門家ですからより高度な交渉を保険会社との間で行ってもらうことができるので、最終的な示談の結果も納得のできるものにする可能性が高くなります

納得ができる過失割合になるだけでなく、怪我をしてしまった場合の治療やもしも後遺症が残ってしまうような後遺障害補償の手続きまで、すべて任せることができるので安心です。

交渉への負担は無視できない

特に怪我をしてしまうような場合には、怪我の治療と同時に示談交渉をするというのは精神的にも肉体的にも非常に大変になってしまいます。

そういったケースでは早めに弁護士に相談をしておくと、治療に専念することができ、精神的にも楽になることができるので早めに弁護士に相談しておくとよいでしょう。

また自分が歩行者で交通事故に巻き込まれてしまった場合には、直接相手方や保険会社と交渉をしなければならないことも考えられます。こういった場合には初めから弁護士に相談をして交渉のすべてを任せてしまったほうが安心です。

近年では自動車保険の特約として弁護士費用を賄ってくれるプランも増えています。自動車だけでなく自転車による事故でも多額の賠償請求をされる可能性も出てきています。

もしもの時に備えて保険だけでなく特約にも加入しておくと、いざというときにも安心できるのではないでしょうか。

交通事故は気を付けていてもいつ巻き込まれてしまうかわかりません。運転を気を付けていてももらい事故にあってしまうこともあります。

もしも事故にあってしまったら、慌てないで専門家にどうすればいいか相談してみると不要なトラブルを避けることができます。

過失割合

Posted by dhpac