交通事故に強い弁護士で示談交渉を有利に

2018年3月14日

交通事故に遭うということ

人生の中で一度も交通事故に遭わなかったという人は稀です。たとえ自分が当事者でなくとも、家族や友人が巻き込まれてしまうことは珍しくないことでしょう。余程些細なアクシデントでもない限りは必ず責任が問われることになります。

その際には自動車保険の担当者が間に入るケースがほとんどです。しかしここに弁護士を加えることで、示談交渉がスムーズかつ有意義になることはあまり知られていません

交通事故の加害者が責任をとることは賠償金を支払うこととほぼイコールです。このため話し合いの中心は自ずと金額の多寡に集まります。

問題はそのお金は保険会社が負担するということです。企業としては収入を多くして支出を少なくすることが命題となっています。それだけに保険金を少しでも抑えようと、様々な手段に訴えることもしばしばです。

これまで相手の感情を逆なですることによって交渉を打ち切らせようとしたケースさえ報告されています。そこまで露骨でなくても、被害者の非をアピールすることで減額を狙うのは基本戦略です。

ただでさえ怪我や精神的苦痛を負いストレスを抱えている時に交渉するのは困難を伴います。そこへ百戦錬磨の担当者とタフな話し合いを続けることは、ほぼ不可能といっていいでしょう。

賠償金をめぐって

こうして十分な賠償金が得られないまま治療に当たらざるを得なくなる人が跡を絶ちません。経済的負担が増すだけではなく、人間として否定されたような重い気持ちにも苛まれます。

このような状態で果たしてスムーズな社会復帰が叶うのでしょうか。
交渉のスペシャリストに対しては、こちらもプロフェッショナルを雇い入れて相対していくべきです。

この世で最も口が達者な人物でも敵わない人物が存在します。それこそが法律に基づいて話し合える専門家であり、弁護士はその最上位といえるでしょう。

そもそも加害者は明快に示されている以上は交通法などにそって粛々と認定を進めていくのは当たり前です。示談交渉が複雑化するのは、この基本的なルールから逸脱してしまう点にあります。

法律のプロフェッショナルは確固たる事実と前例によって依頼人の利益を確保してくれるので安心です。過去の実例を見てみると、結果的に獲得できた交通事故の賠償金の額は大きな開きが出てきます。

弁護士を雇っただけで5割も増加することさえありますから依頼しない理由はありません。保険の担当者としても、法律の専門家には無理を通せないことをよく分かっています。このため恫喝的な態度に出ることもなくなり示談交渉の迅速化が期待できる点も利点です。

ぜひ専門の弁護士へ

もちろんプロフェッショナルといっても、扱っている専門分野には違いがあります。交通事故に強い弁護士もいれば借金を得意とする事務所もあるため注意が必要です。

懇意にしている人がいれば別ですが、専門外の分野だと時間や手間が増えてしまうこともあり避けるべきでしょう。依頼するべきタイミングとしては発生直後がベストです。

もしも示談交渉が成立してしまうと、それを覆すことは極めて難しくなってしまいます。交通事故が起きたばかりで保険の担当者もまだ到着してない段階であれば事前の打ち合わせもスムーズです。

依頼人と弁護士の意思疎通が万全であれば、矛盾を指摘される恐れもありません。示談交渉を得手としている多くの法律事務所では無料相談も実施しています。

電話するだけなら依頼料もかかりませんから、気軽に一報するには最善の相手です。その上で必要に応じて正式に雇い入れることができます。

着手金も無料になっているところも少なくないため、経済的な理由で諦める必要もありません。交通事故に強い弁護士をパートナーにすることが示談交渉を確かなものにする数少ない解決策です。

弁護士

Posted by dhpac