交通事故治療で転院するなら弁護士に相談を

2018年3月14日

トラブル後の知識を

車や自転車を運転する立場にいなくとも、いつどこで交通事故に巻き込まれないとも限りません。普段から交通ルールを守ってちゃんとしておくと共に、万が一の場合の知識も身に付けておいた方が安心です。

交通事故に合った場合には必ず病院を受診してください。たとえ事故直後には特に自覚症状がない場合にも、事故からある程度の時間が経ってから痛みを感じる事だってあるのです。

そうなってから通院しても、事故との因果関係を疑われる可能性もあります。無関係と見なされると治療費は出してもらえなくなるのです。

重症であれば入院治療も必要となりますし、そうでなくてもしばらくは通院して治療を続けなければならないかもしれません。ずっとその病院で治療を続けられれば良いのですが、転院が必要になることもあります。

たとえば、自宅から遠く離れた場所で事故に遭ったとしたら救急車で運ばれるのは事故現場からは近い、それでいて自宅からは遠い病院です。ずっとその病院に通い続けるのは交通費もかかりますし手間です。

会社の都合や家族の都合でお引越しが必要となる場合もあります。人対人ですから、主治医と相性が合わないことだってありますし、その治療法に疑問を持ってしまうこともあるはずです。

病院での対応

その場合は、従前の主治医に事情を説明して紹介状を書いてもらい、それを持って転院先の病院に行くようにしてください。

ただ、普通に病気で治療を行っているのであればともかく、事故治療であれば相手側の保険会社も絡んできます。転院の了承を得ておかないと、転院したとたんに治療費をもらえなくなったら大変です。

あらかじめ、相手側の保険会社の了承を得るようにしましょう。病院によっては紹介状を書いてもらえない場合もありますが、それでも大丈夫かどうか確認は必要です。

さまざまな手続きを経て新たな病院に行っても、そこが自分に合うかどうかは分かりません。場合によっては事故患者に対して非協力的な病院で診断書も録に作成してくれないようなところもあります。それに、移ったところ前の病院の方がよかったということだってあるでしょう。

保険会社なども絡んでくる以上は、セカンドオピニオンを受けるためにいくつかの候補となる病院を受診してみて複数の中から良いところを見つけ出すなど、慎重に選ぶようにしてください。そのたびに多くの人々を振り回すようなことになっては大変です。

そういった意味でも、交通事故問題に強い弁護士に相談するのがおすすめなのです。そういった弁護士は、交通事故患者に協力的な・後遺障害問題についても詳しい良い医師をよく知っていますから、弁護士経由で紹介してもらうのです。

どこで受信するのが良いか病院の選択で悩んでいる方は、事故にあってすぐに相談してみるのも良いでしょう。ただし、弁護士と言っても遺産相続や会社関係など取り扱う内容は幅広いのです。必ず事故対応に強い専門家を選ぶようにしましょう。

迷ったなら転院を

最初に訪れた病院で我慢するよりは、転院自体は良い判断です。通いやすくなり、さまざまな疑問や悩みが相談しやすくなればストレスも減ります。

効果的な治療を行うことで早期に怪我を治すことができます。良い診断書が書いてもらえれば適切な等級の後遺障害等級認定を受けることができるようになります。

ただし、質の悪い病院だった場合には何度も転院を繰り返すことになるのですから手間もかかりますし、不適切な診断内容の不利な記録が増えていってしまい、被害者の主張が認められにくくなるリスクもあるのです。

ストレスも溜まるので回復も遅くなってしまいます。そうならないためにも、良い弁護士を知っておき、すぐに相談して判断を仰ぐことです。

弁護士

Posted by dhpac